スマホで本格シュミレーション「欧陸戦争4」

本格的なシュミレーションゲームを楽しみたい人におすすめなのが「欧陸戦争4 ナポレオン」というスマホゲームです。
ユニットを生産し、1ターンごとにユニットに行動をさせていくターン性シュミレーションゲームです。

価格は300円と、スマホの有料ゲームの中では一般的な価格ですが、値段に見合うだけの遊び方ができます。
まず注目したいのが「シナリオモード」
ナポレオンが欧州を制圧していった時代を舞台に、様々な国家や戦区を舞台にした84ものシナリオを遊ぶことができます。

個人的に一番素晴らしいと思ったのは、戦争だけではなく内政も重視されたゲームバランスに仕上がっていること。
ユニットのアップグレードだけではなく、街や農地をアップグレードすることで、より優位に戦えるようになっています。
そのため、1ターンの中で考えなければならないことが多く、より飽きを感じにくいゲームデザインになっています。

少し困ってしまうのが、中立国家と敵国家がわかりにくいところ。
シナリオモードに入るまえのテキストで、どの国が敵なのかを把握して、その国の国旗を覚えておかないと、うっかり中立国を攻撃して痛い目をみることも。
攻略のためには国旗と国名に注目して、戦況を把握することが必要です。

シナリオモード以外にも、自分の好きな国を選んで世界制覇を目指す「争覇モード」、プレイヤー同士で対戦ができる「マルチプレイモード」が搭載されています。
そのため値段のわりには、長い期間楽しむことができる素晴らしいシュミレーションゲームです。

アイドルマスターSideM楽しいです!

アイドルマスターSideMにハマっています。

遊ぶ時間が限られているので、
シンプルで遊びやすいゲームを探していたところ、
アイドルマスターSideMと言うゲームを知りました。

もともとGREEでアイドルマスターミリオンライブ!をプレイしていたこともあり、
システムが似通ったSideMはとても親しみやすいものでした。

アイドルたちは他のアイドルマスターシリーズとは異なり、
男性のアイドルたちとなりますが、プロデュースするという点では同じです。

アイドルたちのキャラ付けがひとつひとつ工夫されていて、
履歴書やアイドルたちが掲載されている雑誌を読んでいるだけでも、
楽しむことが可能です。

ペルソナ4の漫画原作を担当している作家さんたちの
所属しているイラストスタジオが担当していて、
雑誌に掲載されている漫画も絵が可愛くて本格的です。

今はSideMのアイドルたちに声がないのですが、
いつかはボイスが付くことが予測されています。
どのアイドルにあの声優さんのボイスがついたらいいな…と考えているだけでも
楽しいですよ。

アイドルたちのカードをレベルアップしていくのが、
始めてから2か月以上たちましたが、結構大変ですが、
レベルがマックスになった時の喜びはひとしおです。

今後もコツコツ頑張っていこうと思います。

タイトル通りのほのぼのゲームではありません

「ぼくらの秘密基地」は色々な意味で裏切られたゲームです。
まず雰囲気としては非常にほのぼのしていて、秘密基地というワクワクするキーワードに、どのようなゲームなのかなと期待を寄せながら始めました。ゲームの進行は毎日せっせと秘密基地を作る様子を眺めて、操作は少しキャラクターのアクションをいじれる程度です。作業が進むと絵日記が書かれるのですが、3日目4日目あたりから雲行きが怪しくなり始めました。日記に書かれる内容が何か色々な意味を含ませていて不安感を抱いたのと、キャラクターの動きが徐々に不審になっていくのです。このゲームは事前情報無くプレイするのが一番楽しめると思いますし、本来の楽しみ方だとは思いますが、心臓が弱い人は心して始めて欲しいというのが正直なところです。私はこの手の展開はかなり苦手な方なので、後から口コミを読んで「先に知っておけば、けれどそれではこの感覚は味わえなかった」と複雑な気持ちになりました。
1回クリアするのには20分ほどでプレイすることが出来ます。ですが、プレイした人の意見を聞いてみるとそれぞれ違う考え方ができるなという部分もあるので、2回3回プレイしてみて自分なりの解釈を探すのも面白いストーリーだと思います。